「赤ちゃんともち」とは?


赤ちゃんのきもちがわかる

「パパとママの子育て心理学」

成長過程の子供は、親のいうことを聞きません。
理解できない言葉やタイミングで話をしているからです。


しかし子供の「個性」と「才能」を理解し、その子供にマッチした言葉と方法で話すことで、より大きな信頼関係を築くことができ、結果として円滑な家庭生活、育児ができるものと考えています。


赤ちゃんともちは、子育て世代の大人たちに相互の関わり方が、生年月日でわかる個性心理学となっております。

個性や才能がわかるとどうなるの?


個性や才能を知る

子供の個性にあった、褒め方や上手な叱り方を知る事で、ママのイライラを軽減することができます。また、子供の才能が伸びる習い事が環境が分かるので、習い事選びに迷わなくなります。

家族の関係性を知る

親と子の関係や、兄弟同士の関係性などを知る事で、家族とのコミュニケーションがより豊かになっていきます。家族円満・夫婦円満になるための秘訣が分かりますよ!

 

私らしさを知る

ママとしてではなく、一人の女性として、自分らしさや生きがいを知ることができます。自分を知る事で、今後の方向性を知ることができます。


”赤ちゃんともち”を知ったママたちの声


・私にとって大事なことと、子供にとっての大事なことが違うということに気づくことができ、無駄にイライラすることがなくなりました。

 

・子供の行動に「なんで?」って思えていた部分が、全て可愛く見えるようになりました。

 

・パパが●●ちゃんで●●もちと分かっただけで、生まれながらにそうなんだって分かっただけで、すごくスッキリしました。

パパやママは、自分の子供をどう育てたらいいのか不安です。

 

「この子育てでいいのかな?」

「この子の好きなことってなんだろう?」

 

そんな不安を解消するために開発されたのが、この「赤ちゃんともち」です。

 

もちろん、子育てに正解はありませんが、生年月日から、子供たちがもつ才能や長所などを知り、それに見合った環境で、自信を持って子育てに専念することで、

 

パパやママが自信を持ってお子さんの成長を楽しむことができます。

 

まずはぜひ、診断会や講演会などで、あなたとお子さんの個性の違いを、知ってみてくださいね。