自分と相手の違いを認め受け入れる教育心理学

 ISD個性心理学は「自分を知り」「相手を知り」お互いの個性の違いを認め受け入れ、人間関係のコミュニケーションをより豊かにすることができる学問です。

 

生年月日をベースに10万人以上の分析・検証を繰り返し103万通り以上のデータベースから構築された統計学であり、人間の気質を様々な角度から分類した、本質を極める実学でもあります。

 



子育て支援に

子供たちに対しての、褒め方や・言葉のかけ方。好きなことや伸ばせる環境や能力などを知ることができます。また、家族とのコミュニケーションをより豊かにするために円満な家庭環境を作ることができます。

人材教育に

人材の適材適所を一瞬で見極め、適正能力や、力を発揮できる環境へと就かせることができます。

職場のコミュニケーションや、組織活性化など、ビジネスの場でも使われています。

営業支援に

お客様の個性にあった提案方法や興味を引く商品へのアプローチ方法やクロージング・タイミング・アフターフォローなど。

営業ツールとしても活用できます。